お子様に合う教室を選ぼう!小学校受験おすすめ比較サイト

TOP > 小学校受験とは > 小学校受験では親の立場から共感できる理念か

小学校受験では親の立場から共感できる理念か

 高校や大学に進学するとき、親が一定の意見を言うこともありますが、ある程度子供も意見を言います。自分の学力であったり、将来したいことなどを考え、それに合った学校を選ぼうとします。しかし、小学校受験では、子供は自分の意見を言うことはないでしょう。では受験校は誰が決めるかです。もちろん親になります。自分が行くわけでもない学校をどうやって選ぶかですが、親の立場から見て共感できる教育理念を持っているかを確認しましょう。
 各学校は一定の理念を掲げていて、それを元に授業などが行われます。行事などでも、教育理念に基づいて行われるものもあります。表面的な部分だけでなく、いろいろな面から学校の良さを見つけるようにすると良いでしょう。6年間は非常に長く、入学してから他の学校への転校は難しいです。親がきちんと決めてあげる必要があります。


 小学校受験で合格する事によって得られるメリット

 小学校受験で結果が出ると、ほとんどのケースで中学校、さらに高等学校そして大学と、内部試験を受験するのみで進学することができます。すなわちハードルが高い入学試験は小学校受験以外で一切合切免除されるので、ハイレベルな受験競争に対してお子さんを晒さなくても良くなることになります。
 加えて、私立小学校においては学校毎にオリジナルな特性をもっているので、公立小学校と同じ様に型にはめた指導でなく、お子さんの独自性を伸張する教育が受けることができます。その上、教師の課題があります。私立小学校の教師につきましては公立のような何年かごとの移動が無いといえます。従って教師の質が変わらないで、常にある程度のレベルが保持できます。それから、小学校受験にパスする結果を出すと、一貫教育で上へ進学できますから、友人とのお付き合いも道半ばにして途切れることがないと言えます。


 小学校受験を行う主なメリットとは

 小学校受験の非常に大きな長所は、入学した後、少ない人数で密接な価値観が備わっている家庭で生育した知人に取り囲まれて過ごすことができることです。同じ教室で成育した仲間につきましては、将来的にも価値のある財産となってきます。
 それに加えて、個々の私学の教育ビジョンにのっとった教育をうけられる事も、メリットの一つとしてあげられます。進学校ともなれば言うまでもなく、周囲そのものが受験を見据えた対抗者同士ですので、友だちと切磋琢磨しつつ難関校を目的にする周辺環境で学習することができます。その上、小学校入学する前に発想力、あるいは算数の能力、礼儀作法また、基礎体力といった基礎がきっちりと自分のものにできるということがあります。とりわけ幼児期につきましては思考する力を成育させるのに一番最適な機会といえます。

次の記事へ

ページトップへ