お子様に合う教室を選ぼう!小学校受験おすすめ比較サイト

TOP > 小学校受験とは > 小学校受験で親の関係や環境は影響するか

小学校受験で親の関係や環境は影響するか

 以前であれば、夫が仕事をして妻が専業主婦をするのが一般的な家庭の形でした。でも今は、夫婦共働きが一般化してきています。また、シングルマザー、シングルファザーと呼ばれる形もあります。母だけ、父だけで子育てをする家庭もあります。小学校受験をするときの合否に、親の関係や環境は影響するかです。
以前であれば、母親は専業主婦でないといけないとするケースもあったようです。そうでないと何かがあったときに学校に来ることができません。でも共働きが一般化している中で、その考えを通すのは難しいのでしょう。各学校は共働き家庭の子供のための学童保育サービスなども行っています。ですから、共働きで合否に影響することはありません。シングルマザーなども同様です。影響はしませんが、当然親の負担は大きくなります。それを意識して受験対策をしないといけないでしょう。


小学校受験は子供の適性を知ってから行う

親が子供に考えることとしては、できるだけいい学校に入学してもらい、いい会社や公務員などの仕事についてもらうことでしょう。そして良い結婚相手に恵まれ、孫が生まれればいうことはないかもしれません。その第一段階として学校への入学があります。普通であれば公立の学校で学ばせることになりますが、将来のことを考えると私立の方がいいといわれることもあります。
簡単に小学校受験を決めて、子供に幼児教室などに通わせてよいかです。通わせるのは良いですが、無理やりはよくありません。子どもには適性があります。もし幼児教室であったり、小学校受験の対策に適性があるのであれば参加させると良いでしょう。無理やりやらせると、勉強自体が嫌になってしまう可能性があります。体験入室などを利用して、子供に向いているかを確かめると良いでしょう。


小学校受験ではホームページで情報収集

多くの会社ではホームページを開設しています。これによって会社のことがわかるようになっています。学校も同様で、多くの学校でホームページが設置されています。大学などではほぼ設置されていますし、高校や中学校、小学校などでもそれなりに情報が見られるようになっています。
小学校受験をするとき、まずは学校の情報を得る必要があります。最も簡単なのはホームページをチェックすることです。公立の場合、入試は関係ないので通学している子供や保護者向けの情報が一般的です。
でも、私立などでは、受験を考えている人向けの情報も多くあります。ホームページには、校長や理事長の話があったり、学校の外観の写真、授業の風景などがわかるようになっているところもあります。写真などですべてがわかるわけではないですが、絞り込みをするときにはいい情報が言えるでしょう。

次の記事へ

ページトップへ